AmebaまとめTOP > やっててよかった公文式!KUMONママたちの本音を大公開
imgUrl

やっててよかった公文式!KUMONママたちの本音を大公開

KUMON学習経験のあるママと、現在KUMONに通っているお子さんをお持ちのママのリアルな体験談を集めました。今回は自らもKUMONの経験者というアノ有名カメラマンの特別講演会レポートもありますよ♪

提供:日本公文教育研究会 2014年06月12日

13,824view

  • picturePath

    【KUMON】KUMONプレミアムセミナー♡サインもらったよん♪

    ゆみゆみ

    今日は、KUMONパワーサポーターとして

    2回目のKUMONプレミアムセミナーに

    参加してきましたラブラブ

     

    photo:01

     

    日本公文教育研究会様主催による講演会には
    戦場カメラマンの渡部陽一さんが

    お話してくださいましたよ。

    キッズスペースも用意してくださっていたので
    ママたちも安心して過ごせましたぁ。
     
    KUMONのOBである渡部さんご自身の体験談や
    戦場カメラマンとしての活動を通じて感じた教育のあり方など
    貴重なお話をまじえた体験談を聞くことができ
    有意義な時間となりました。
     
    photo:03
     
     
    娘ちゃんと手をつないでいます^^笑
    隠れていますけどね!
     
    photo:04
     
     
    先週のランチ会ぶりにあったまゆちゃん。
    来月もランチ会楽しみだねー ドキドキ
     
    photo:06
     
     
    公文って計算力・スピードもつきますし
    続けるということの大切さも学べると思うんですよね。
    なので私の公文のいいところはあえて、こちらで♪
     
    photo:05
     
     
     

    パワーサポーターのお土産プレゼント

     
    photo:07
     
    紙袋に、サインも入っていました ニコニコ
    大切にします~。
     
    photo:08



    さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】渡部陽一さんのお話を聞いてきました!

    四日市ベビーマッサージ&ファーストサイン資格取得 生川あかね

    今日は東京にいます。
    KUMONパワーサポーターの活動で、くもんOBの渡部陽一さんの講演を聞いてきました。





    最初から最後まで、渡部陽一さんは熱く、そしていつもの話し方で、お話してくださいました。


    この前、中日新聞の中日春秋で読んだ、外国の女の子の話をされていました。
    スピーチ内容は下記からご覧ください。
    http://m.huffpost.com/jp/entry/3588163


    そして、渡部陽一さんご自身のくもんの経験を話してくださいました。

    世界でも広がるくもん。
    やっぱりこれからも続けようと思いました。


    そして、前回の座談会でお友達になった方々とも再会できて嬉しかったです。


    39階は怖い!


    全国からママブロガーが集結!
    三重からも私以外にもう一名見えました。
    都会で三重のお国言葉(ちょっとカッコ良く表現してみました(笑))で話せてホッとしました。

      さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】座談会&戦場のカメラマンに会ってきました!

    まゆ

    昨日は渋谷セルリアンタワー東急ホテルにてクモンのイベントがありました
     
    {ECA9E7C2-D2CD-4806-9910-82A03534E278:01}
     
    メインは渡部陽一さんのトークショーでした!
     
    会場には子供がいるママさんがあつまりました。
     
    {87D6573D-FA4F-43ED-9E35-7907E7148B62:01}
     
    {4367C2BE-8A60-4C59-9B48-B2AB544F2D2F:01}
     
    渡部陽一さんはハタチの頃から戦場のカメラマンをしているみたいです。
    昨日もウクライナから帰国したばかりということでした。
    渡部さんは何時もの語り口調で戦争の話、幼い子供達の話、世界で何が起こっているのかをわかりやすく話してくださいました。子供達が大好きなこと、平和を願っていること、家族を愛していることなど、たくさんのことを学べた気がします。
    平和になるためには、戦争や喧嘩をするのではなく、一本の鉛筆、一冊の教科書、1人の先生がいることだということが印象的でした。
    日本では当たり前にあるような話ですが、それがない国がたくさんあります。
    勉強したくてもできない子供たちもいます。
    私たちは恵まれた環境にいることを日々感謝しなきゃなぁとしみじみ感じました。
     
    {625FE18C-6E5A-4E67-B087-32A35CADE574:01}
    顔から優しさがにじみでていました。
    息子にも優しく接していただきありがとうございました。
    {58AA6924-26F5-412A-8133-310C6129F183:01}
    今日はもうすぐママになるノアも一緒に参加したよー^ ^
     
    先日のランチ会でもあったゆみちゃんもきていて楽しかったー!
     
    {64A983B4-E433-4852-9493-CC23441EC6CB:01}
     
    私のくもんとは…
    夢への翼!!
    なんかどっかで聞いたことあるようなないような笑
     
    {A177EAA9-381D-4204-997D-E0AD6B1CECB9:01}
     
    帰りにサインいただきました。
     
    {9439AFCF-B101-4293-A4CB-318C43B37E9F:01}
     
    とても楽しかったです。
     
    最後に渡部さんの素敵なところ…
     
    危険な仕事をしているから、奥様に連絡を密にとるようにしている。用はなくても電話、メール、海外からは手紙など、奥様を愛しているからこそ、心配かけないような気遣いができるなんて素敵!
    昨日も渋谷ついたらまず奥様に電話したんですって!終わったらまたするっておっしゃっていました。
    女心がわかっているし、めんどくさがらないしそれを普通にしているのが素敵すぎるー!
    飲みに行って朝まで連絡してこない誰かとは違いました…(ーー;)
     
    うちの旦那いやいや世間の旦那さまに聞いて欲しい…笑
     
    勉強になりました!
     
    さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    第二回 KUMON パワーサポーター座談会

    こくりょう える

    弾丸トーキョー

    いってきました

    amebaさんの企画

    KUMONパワーサポーターの件ですね
     
    photo:01

    いわゆるママブロガーですw


    今回は


    戦場カメラマンこと


    渡部 暢一さんがいらしてて


    素敵なおはなし


    たくさん聞かせて頂きました


    KUMONについてはもちろんですが


    子育てについても勉強になるお話がたくさん聞けました


    中でも


    やはり紛争が続く地域での


    子供たちのお話、お写真が


    かなり印象的でした


    平和って

    素晴らしいよね


    ありがたく思います
     
    photo:03


    貴重なお話

    ありがとうございました!!

    次回もたのしみだな!!!!! さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】 この日本で子育てできる有難さ

    インターママ@義務教育放棄中、長男は公文英語全国1位

    アイコンママブロネタ「今日の1枚」からの投稿

    photo:01

    KUMONパワーサポーター、ブロガーが招かれたKUMONママ座談会にて、戦場カメラマンの渡部陽一氏の講演を聞いて参りました。20年以上も戦場カメラマンとして世界各地の紛争地域を回ってきている氏の話を聞くと、ミサイルも飛んでこない、女の子だからと学ぶことを制限もされない、そして平和で最低限の生活にこまることはまずないこの日本で生きて子育てできる有難さをすっかり忘れているわが身に気づいたのでした。同時に、常々、英語教育・環境面でいろいろ文句や不満を感じている自身の小ささを振り返ることも出来ました。

    それにしても、渡部氏はテレビで拝見するまんまの格好にお声で、大変滑らかに講演されてらっしゃいました。 詳しくはまたおいおい書いていきます。

    皆で記念撮影~またまた新しいブロガーさん、
    KUMONパワーサポーターさんと知り合えて楽しかったママなのでした(〃∇〃) さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    渡部陽一さん講演会

    hiroe

     
     
     
    KUMON パワーサポーターとして
    訪れたのは
    {883A48EE-1EA4-4214-82DA-2F733A3A3F97:01}
     
     
    渡部陽一さんをお招きしスタート!
     
    数日前までウクライナにいた渡部さん
     
    ご自身の目で見てきた戦場を
    体験したことをわかりやすくゆっくり丁寧に話してくださいました。
     
     
    また渡部さんご自身も小学1年生から中学3年生までKUMONで勉強をされていたことからKUMONにまつわるエピソードも交え
     
    ゆっくり丁寧にあせらず確実に…
     
     
    そんな言葉が日々KUMONの家庭採点をしている私に響きました。
     
    {F5796F39-3413-4E6E-B74C-41331A9FF37E:01}
     

     
     
    お土産に
     
     
    {74E9060F-D069-45DE-847A-54304DD4EADF:01}
     
    {90CD76ED-FA55-4EA2-8697-7324C413B124:01}
     
    {13DC299E-A12D-4019-931D-6B61063BB19B:01}
     
    ありがとうございました。
     
    さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】戦場カメラマン渡部氏セミナー報告

    仕事運専門 目白のタロット占い師CHIKA

    目白のタロット占い師CHIKAです^^

     

    サイバーエージェントさんのコラボ企画、


    KUMONパワーサポーターとして活動しています。


    以下、レポートします。

     

    -------------------------

    5/27(火)

    KUMONプレミアムセミナーへ行ってきました。

     

    講師はあの戦場カメラマン渡部さん

     

    公文のOBでいらっしゃるそうです。

     

    渋谷セルリアンタワー東急ホテル 39階。



     

    TVで拝見する通り、ゆっくりな口調(^^)

     

    言葉をひとつひとつ選びながらお話されるお姿が印象的でした。

     

    誠実で、熱く、そして理路整然としたお話の展開。

     

    話術とお人柄に惹き込まれ、時間があっというまでした。

     

    質疑応答では、ママ達の質問にも丁寧に回答してくださいました。

     


    ~講演・対談・質疑応答のメモ~

     

    ●戦争について

     ・先日までウクライナへ行っていた。

     ・戦争の原因は、民族、宗教、領土、国境、環境などあるが、一番の原因は石油。

     ・戦争の犠牲者はいつも子供達。

     ・現地を取材する時は、8割を事前準備とリサーチに費やし、残りの2割で撮影している。危機管理を徹底するようにしている。家族(奥様)には常に、頻繁に電話やメールをするようにしている。

     

    ●戦場カメラマンになったきっかけ

     ・大学時代にバックパッカーとしてアフリカへ行き、子どもたちに助けを求められたが、まだ若く何もできなかった。後になって、好きなカメラで現状を伝えることなら出来ると思った。

     

    ●子供の頃、公文で身についたこと

     ・「計算力」「考える力」「字を丁寧に書くこと」。

     ・焦らずゆっくり丁寧に解く。

     ・粘り強さ。

     ・計算のスピード。

     ・数字の興味。

     

    ●公文の良いところ

     ・ひとつひとつ物を考えて答えを考える。

     ・納得する答えを導く。

     ・自学自習。

     

    ●公文がどのうように役にたっているか

     ・志望の高校にギリギリ入れた。

     ・海外へ行ったとき、換金などで瞬時に数字を回転させる力。


    ●通っていた教室を最近訪ねた感想

     ・集中した子供たちの背中と緊張感が懐かしかった。教材の香りと赤ペンで丸つけをする音が良かった。

     

    ●将来の夢

     戦争がなくなって、戦場カメラマンの仕事もなくなって、学校カメラマンになること。

     

    ●お奨めの絵本(3歳の息子さんに読んでいる)
     ・バムとケロシリーズ。

     

    お土産にサインをくださいました!

     

    家に帰って、子供達に自慢してしまう私は、なんと平和なのでしょう。

     

    自分が平和な環境におかれていることに、改めて感謝したいと思いました。

     

    子供達は色紙を手にして、公文の宿題のモチベーションが高まったようでした(^^)

     

    貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

     

    さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】渡部陽一さんのお話を聞きました

    野本 麻紀子

    KUMONパワーサポーターとして、2回目の集まりKUMONプレミアムセミナーがありました。

    会場はセルリアンタワーだったので、前回意気投合した栗田さん、高橋さんと大好きな陳でお食事をして、英気を養ってからの参加でした♪

    この日のメインは、戦場カメラマン渡部陽一さんのトークと、公文の方との対談!!

     
    photo:02


    戦場カメラマンになった経緯、KUMONが渡部さんに与えたもの、結婚生活、外国でみてきたKUMONに取り組む子供たちの様子。

    時間いっぱい素晴らしいお話を聞く事ができ、感動したり、苦しくなったり、大笑いしたり。。。
    とても濃い時間でした。
    そいでから、渡部さんは本当にゆっくり喋るのね!!
    うちの息子、喋り方が渡部陽一さんにそっくりなんです。だからなんだか、すごく親近感を感じました。
    あと、笑顔が優しくって素敵だったなぁ~☆

     
    photo:04


    実はとっても生真面目な私、渡部陽一さんのお話、一言一句聞き逃すものかとメモをとりまくりました。
    気づけばこの6倍w6ページに渡って、メモメモメモ。
    大急ぎに付き、書き損じ、誤字脱字、ひらがなの多用、そもそも汚すぎて読めない字までありましたが概ね解読できました!笑

    その中でも特に心に残ったのは、マララユスフザイちゃんというパキスタンの当時14歳の少女のお話。
    医者をめざす彼女は、日々学校で勉強し、自身のブログで女性への教育の必要性や平和を訴える活動を続けていました。
    その当時、そのブログが話題になり、当然タリバンにも見つけられてしまい、とうとう銃撃にあいました。

    幸運にも一命を取り留めたマララユスフザイちゃんは、16歳になり、こんなことをメッセージとして発信しました。

    武器ではなく、1冊の教科書と、1本のペン、1人の先生がいれば、子供たちの未来や環境を変えることができる。

    また、ジャカルタのファウザンくんというKUMONに通う11歳の男の子に密着取材したときの映像もみました。
    ファウザンくんの生活は、家の手伝いに始まり、ほとんど自分の時間がありません。
    そんな中で、KUMON学習の時間はとても楽しい時間だそうです。
    5年生にして、すでにK教材まで進んでいました!!
    K教材は日本では高校2年生レベルです。
    すごいことですよね!!

    この映像をみた後、ご自身の体験も交えながら渡部さんがおっしゃっていた、
    教育には国や宗教の違いはない。
    毎日コツコツつづけるつづける力こそKUMONだ!

    という言葉にとても納得でした。


    日本で生まれて、自由に勉強できるということの有り難さを子供たちにしっかり伝えなければと思いました。


    ちなみに渡部さん、このプレミアムセミナーの4日前までウクライナに行っていたそうです。

    パワフルで、エネルギーに満ちていました。


     
    photo:03


    次回は渡部さんご自身のKUMON体験について書きたいと思います♪
      さらに見る

    続きを読む

  • picturePath

    【KUMON】第2回 KUMONプレミアムセミナー

    リカコ.


    第2回 KUMONプレミアムセミナーに参加してきました。



    東京でも30度くらいの暑い日で
    会場到着したら汗だくだったわけですが
    さすが都内のホテル会場は涼しい~。

    今回の企画は「戦場カメラマン 渡部陽一さん」講演会でした。

     

    一部は渡部さんが海外での危険地域に住む子供たちのお話。
    アフガニスタンで暮らす子供たちの現状や、
    この子供たちに必要なモノ。
    取り巻く環境について、実に理解しやすく
    渡部さん特有の話し方で聞くことができました。

    あの独得な話し方は、小さい子かお年寄りまでが
    聞きやすく、理解しやすく、耳にスーッと入って
    噛み砕くように、伝えたい事がしっかり伝わります。

    30分程度の講演でしたが、現地の子どもたちの生活の中には
    戦場や軍隊、軍人という怖い人や環境が日常であること。

    戦争をなくす為には「1本の鉛筆と1冊の教科書とひとりの先生がいればいい」という
    ごくシンプルな内容でしたが、とても大事なことであり
    また、簡単そうでも実現するには高い壁がたくさんあるという事。

    質疑応答の時、「渡部さんの夢」という話になりました。
    渡部さんは
    「戦争がなくなれば戦場カメラマンではなくなります。
    その時は学校カメラマンになりたい!」と話ておりましたのが印象的でした。

    有意義で楽しい時間があっという間に過ぎて行きましたが、
    渡部さんの公文時代のお話を少しされました。
    小学校1年生から中学3年生まで通われていたとのことで
    我が家の娘と全く同じ・・・・。



     
    さらに見る

    続きを読む